トップ > 外洋特別規定の基本

外洋特別規定の基本

外洋特別規定とは

外洋特別規定の概要

  • 目的

    外洋レースにおける、装備と訓練の最低基準

    最低限の設備を共通化することにより、レースを公平に行うためにある。
    (外洋特別規定1.01 参照)

  • 責任

    艇と乗員の安全確保の責任は各々の艇(艇の責任者)にある。

    外洋特別規定は最低基準であって、安全を保証しない。(外洋特別規定1.01.2および1.02 参照)

  • 確認

    規定に従えるのは参加者・確認するのはレース主催者に

    ・レース参加するに当たり、規定に適合させる責任は各艇にある。
    ・参加艇が規定に従っているかどうかを確認する権利は、レース主催者にある。(外洋特別規定2.02 参照)
    ・確認方法には、申告書などを用いた自己申告やレース主催者による実艇検査などがある。
    ・ナショナルオーソリティは個々の艇に認可を与えたり、個々の艇の合否を判断しない。


JSAF 外洋特別規定の成り立ち

  • JSAF 外洋特別規定の原型

    World Sailingが定めるOffshore Special Regulations が基本。

    国際セーリング連盟(World Sailing)が定めるOffshore Special Regulations に日本国内規定を加味したものがJSAF 外洋特別規定である。
    日本国内規定とする基準。
    a. 日本国内法に適合しない項目。
    b. 日本国内において極めて入手、対応困難な項目。

  • 適用期間

    4月1日~翌々年3月31日まで。2年毎に改訂(西暦偶数年に新発行)。

    WS-OSR は、1 月1 日~翌年12 月31 日までの2 年間が適用期間。
    JSAF 外洋特別規定は、ISAF-OSR の3 ヶ月遅れで運用。

  • 採用カテゴリー

    モノハル カテゴリー3、4とインショア用特別規定2(附則B、附則C) のみ。

    ISAF-OSR は、カテゴリー0~4の5段階それぞれにモノハルとマルチハルの2 種、インショア用特別規定2段階。
    JSAF 外洋特別規定は、カテゴリー3、4のモノハルのみ2段階とインショア用特別規定2段階。


JSAF 外洋特別規定適用のレースに参加する

参加予定のレースの公示に、JSAF 外洋特別規定が適用されていた場合、下記のステップ1~5にてレースの参加が可能です。

  • STEP-1

    JSAF 外洋特別規定の本文を入手する。

    ・規定本文は、JSAF 外洋安全委員会ホームページから入手可能です。http://www.jsaf-anzen.jp/
    ・レース公示記載の適用カテゴリーの規定本文をダウンロードください。
    ・規定本文以外に訂正公示なども併せてご確認ください。

  • STEP-2

    JSAF 外洋特別規定の本文を理解して、規定に適合させる。

    ・規定本文内の不明点は、所属団体の外洋安全委員会担当者にご質問ください。

  • STEP-3

    外洋特別規定申告書を入手する。

    ・申告書にはJSAF 外洋安全委員会が用意する<標準タイプ>と、レース主催者が用意する各々レースの専用申告書があります。どの申告書の提出が必要かはレース公示で確認ください。
    ・<標準タイプ>はJSAF 外洋安全委員会ホームページから入手可能です。http://www.jsaf-anzen.jp/
    ・レース専用申告書はレース主催者から入手ください。

  • STEP-4

    外洋特別規定申告書に記入してレース主催者に提出する。

    ・申告書の記載項目は規定の一部のみです。申告書項目だけではなく、規定全てに適合させなければなりません。
    ・申告書の記載内容に問題がある場合は、レース主催者から質問を受けることがあります。

  • STEP-5

    インスペクション(実艇確認)を受ける場合があります。

    レース主催者は、参加者が規定に従っているか随時検査する権利があります。


[PDF] 外洋特別規定の基本